ペットはもはやペットではなく家族の一員なのです

PR|東京のレンタルオフィス葬儀を大阪でするなら

私は長年一人暮らしをしていて、犬と一緒に暮らしています。ペットと言っても家族のようなものでもう15年以上同じ屋根の下で暮らすパートナーです。犬がいなかったら一人暮らしは難しいと思います。わたしは以前から犬と同居していて、先代の犬は亡くなってしまいました。愛知県で悲しみの遺品整理をして、ペット霊園できいた話によると岡山でペットの名前とメッセージを墓石に文字彫りしてくれるところもあるそうです。灰となった遺骨の一部をペンダントにいれて手元においています。わたしの実家は墓じまい(改葬)したため、わたしが入る予定の墓地はありません。将来わたしが死んだ時には、犬たちと一緒に地元の北海道の海に海洋散骨してもらうつもりです。

私の犬はアメリカン・コッカースパニエルで、色はバフです。とても賢い犬で、私の言葉の多くを理解していて、よく言うことを聞いてくれます。

人参が大好きで、「ニンジン!」と言うと、喜んで台所に行くのです。パンも理解していて、パンも大好きなので、「パン!」とい言葉も大好きです。

外出して夜遅くなると待ち遠しかったような感じで、すり寄ってきてとても可愛いです。

犬がいるから散歩に行くことになって、自分の運動不足を解消するきっかけにもなっているのです。

子犬の頃は子犬らしい可愛さがありましたが、大きくなると個性が出てきてとても愛おしい存在になります。ペットは「飼う」と言いますが、私の場合は家族のようなものなので、なくてはならない存在なのです。アメリカン・コッカースパニエルは耳が長くて凄く可愛いです。

PR|クレジットカードの即日発行じゃけん|エステサロンを上手に利用する情報サイト|美容と健康女性ランキング|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|英会話ノウハウ勉強会|ゴミ屋敷解消Q&A|カウンセリングのお悩み解決サイト|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|マーケティング経営研究.net| |